キャリアアップのための転職

看護師からキャリアアップを望んで助産師の資格を取り、転職する人は少なくありません。
キャリアアップに興味あるかたはこちらをどうぞ<<プロフェッショナル>>
助産師は、産科や産婦人科さえあれば病院や個人院で働けるほか、最近では自由出産に特化した助産院や助産所、産前産後院などにもその働き口は看護師よりもさらに増えています。
しかも、看護師の免許にプラスアルファの資格なので、助産師としての仕事に行き詰まってしまった場合でも看護師として働く事も可能なのです。
また、助産師はその名の通り分娩介助を助ける存在でありますから、実は産科医、産婦人科医の指示に従わなくてもある程度の医療業務は許されています。その為、助産師の中には自ら助産院などを開業する人は少なくありません。

さて、ここで気になったのはその収入だと思います。きっとその職場によって収入は大きく変わるのではないでしょうか。
まずは病院勤務。これは総合病院であるか、専門病院か、個人かなどによって大きく変わります。
総合病院の場合は、看護師の給料+資格手当てという場合があり、そうなると月に5000円から1万円プラスになるのだとか。
個人院であれば給与はいいというワケでもなく、総合病院にプラスマイナス50万円から100万円の差をつける程度。その代わり、休日や勤務時間などの融通性が利きやすいという理由で選ぶ人が多いようです。
助産院も個人院に近いですが、経営となれば話は別でしょう。現在は各地津々浦々にサービス重視の助産院が増えており、実際診察を受ける患者の目は肥えています。
軌道にのれば万々歳かもしれませんが、そこに行くつくまでの道のりは、ある程度の期間を要する事を覚悟しておいた方がいいかもしれません。
産前産後院は、最近注目をあびてきている新しい経営です。女優の小雪さんが韓国で利用された事で注目をあびたようですね。
要は、赤ちゃんが産まれる前と産まれた後のお母さんの体のケアを行う所で、一般的な産科、産婦人科などに併設されている事が多々あります。お給料的にはこちらも看護師+資格手当てに近い感じのようです。

看護師ならば定年、という現在60から70代という方でも、長年助産師を続けている方は少なくないようです。正に産婆さんです。お産は昔から言われている通り病気ではありません。しかし、その症状は十人十色で一貫性はないものなのです。だからこそ、長年続いている助産院などは人気があり、看護師に比べて、経験が活かされる仕事なのかもしれないですね。

Reply